証券営業が辛いので辞めたいです・・・

証券営業が辛いので辞めたいです・・・

 

証券営業が辛いので辞めたい・・・。

 

 

このように悩むときってありますよね

 

 

では、あなた同じように証券営業が辛いので辞めたい・・・と悩んでいた方は、
どのようにその悩みを解決したのでしょうか?

 

 

ご参考にしてください

 

 

おからさん、28歳、男性、証券営業の体験談

 

 

【証券営業のどういう部分で悩んでいたか?】

 

 

入社したばかりの頃、営業成績が上がらず、自分がこの仕事に向かないのではないかと悩んでいた。

 

 

【悩みをどうやって解決したのか?】

 

 

入社して直ぐに他の同期が結果を出し始めているにもかかわらず、自分だけなかなか結果が出ず、自分がこの仕事に向いていないのではないかと悩みました。

 

 

営業職は結果が数字で明確に表示される為、数字の差があればあるほど、自分がダメな人間に思えてきてしまいます。

 

 

本当ならこんな時に同じ会社の先輩からアドバイスをもらえれば一番いいのでしょう。

 

 

しかし、現実には先輩もそれぞれ数字に追われていてなかなか後輩の面倒を見ている暇がありません。

 

 

こうした時に役に立ったのが書籍です。営業職だったので営業の本を何冊か買って読みました。

 

 

今考えると、実に基本的な内容の本だったと思ったり、なんて精神論ばかり書いてある本だと思いますが当時は色々と励まされたり、勉強になりました。

 

 

何しろ、ちょっと前まで学生で毎日遊んでいたのが、急に社会人として仕事を始めるのですからそこにギャップがないほうがおかしいのです。

 

 

運よく大きな企業に入社し研修が充実していればまた、違うのかもしれませんが、たいていの会社は研修もそこそこに実践させられます。

 

 

ですから、徐々に自分で勉強し成長していく必要があるのです。

 

 

そんな際に役に立つのが業界の先輩達が書いた書籍です。

 

 

【アドバイス・メッセージ】

 

 

社会人としての道のりは非常に長いものです。

 

 

数ヶ月や数年で何かが決まるものではありません。

 

 

日々努力していれば必ず報われます。

 

 

あまり目先のことにとらわれず、長期的視点に立ってものごとを考えるようにしましょう。

 

 

 

おからさんは、書籍の情報で悩みを解決させたみたいですね

 

 

また、日々努力していれば報われるともおっしゃっています

 

 

何か参考にできる部分があるのではないでしょうか?

 


トップページ お問い合わせ