営業ですが、悩みが尽きないので辞めたいです・・・

営業ですが、悩みが尽きないので辞めたいです・・・

 

営業で、悩みが尽きないので辞めたい・・・

 

 

このように悩むときってありますよね

 

 

では、あなた同じように、営業で悩んでいて辞めたい・・・と悩んでいた方は、
どのようにその悩みを解決したのでしょうか?

 

 

ご参考にしてください

 

 

ラフェスタさん、27歳、男性、レコード会社営業の体験談

 

 

【営業のどういう部分で悩んでいたか?】

 

 

私のレコード会社の営業を担当していました。

 

 

レコード会社の営業は、CDショップにCDを販売するのが基本ですが、時代はCDではなく音源ダウンロードがメインとなってきました。

 

 

同じ音楽を売ることですが、ダウンロードの部署ではなく、CDショップと交渉してCD受注数を決定するのです。

 

 

好きな音楽に携わってはいますが、もともとレコード会社にはいったのは、自分で音楽を制作する部署が希望だったので、あまり好きではない音楽を売る部署、しかも音楽の中身というよりは、受注のための駆け引き交渉が主になってくる営業が、とても辛く感じ始め、面白みを見いだせなくなってきたのです。

 

 

営業も勉強とは思いましたが、音楽を制作したい自分にとっては、若い、その時の感性が一番の武器と思っていたので、ここで何年も営業を担当していたら、制作の旬の時期を逃すのではないか、と思わずにはいられなくなったのです。

 

 

もうひとつ、この営業の仕事を辞めたくなった理由があります。

 

 

レコード会社の営業は、世の中の営業に比べて、なんだか少し偏りがあるのでは…と思ったのです。

 

 

それは、言ってしまえば、少し甘い業界のような気もしました…。

 

 

というのは、商品力が音楽の人気になるので、これは競合がいないともいえますし、人気というのは必ずしも質ではないので、それが図り難いものだという特徴があります。

 

 

これを考えると、自分は偏りのあるせまい業界の仕事だけをしているのではないか…という疑問のような、不安のようなものがわきあがってきたのです。

 

 

【悩みをどうやって解決したのか?】

 

 

でも、ある時、優秀な先輩について営業の研修と称して、同行営業をさせてもらったのです。

 

 

その時に、とても驚きと気づきがあったのです。

 

 

その先輩は、音楽についてはいっさい…といってよいほど、話をしないのです。

 

 

話すことは、相手のお店の売り上げにとって、良い点と改善点だけでの交渉術でした。

 

 

そこで気づいたのですが、何を売っていても、どこの業界にいても、営業という仕事にはあるスキルが共通に存在し、しかもそれは、違う業界でも力を発揮できるのだということです。

 

 

その先輩と同じようにはできないかもしれないですが、何をしていても、相手の儲かる点と、改善すべき点を話していくことにより、受注がまとまるのです。

 

 

それは営業面での話を追求しているからであって、音楽の内容を追求しているのではないのです。

 

 

営業というスキルは、社会の仕事の基本だと思い、その重要さは認識しています。

 

 

何を作っても、何を開発しても、何を創造しても、営業の仕事があるからこそ、世の中に広めること、利用してもらうことができます。

 

 

そう考えると、仕事をする人生において、こんなに貴重な体験を仕事を通してできるなんて、これはチャンスだと思えてきたのです。

 

 

自分がやりたい仕事は、今でなければできない…と思ってましたが、それがただの焦りで、傲慢なことだと思えてきました。

 

 

なぜなら、自分のやりたいことは、絶対にやるという決心があれば、その業界にいて仕事をしている限り、すべてが技となり、コネクションとなり、リサーチとなると思ったのです。

 

 

先に書いた先輩は、音楽の話を全くしない営業をして、数字をまとめあげていましたが、そこからのスキルはぜひ参考にし、自分はそこに、自分のテイストをオンして、営業を進めていきたいと思ったのです。

 

 

なぜなら、音楽CDをユーザーに販売しているお店は、エンドユーザーに一番近い感性と感覚、市況を知っているからです。

 

 

そこから情報収集とコネクション創りもして、自分の糧となると思ったのです。

 

 

【アドバイス・メッセージ】

 

 

営業の仕事は、どこにいっても通じるものがあると思います。

 

 

もちろん、業界が変わると、いろいろと違いはありますが、市況やクライアントに一番近いところで仕事をすることと、会社の窓口として外部と接するということは、情報を収集しながら、営業活動ができるということです。

 

 

これはまず、自分の幅と視野を広げることになります。

 

 

会社内部に詳しいよりも、外部に詳しい方が、会社内での価値は高いのです!

 

 

 

是非、ご参考にしてお役立てください

 

関連ページ

営業が辛いです・・・。もう、辞めてもいいでしょうか?
営業を辞めてもいいでしょうか・・・?
営業が辛いです・・・。解決方法を教えてください。
営業を辞めたいです。転職は可能でしょうか?
営業を辞めたいです・・・。女性ですが、営業が辛いです・・・
営業ですが、毎日が辛いです・・・
仕事を辞めたいです。営業2年目ですが、辛いです・・・
営業が出来ないです。辞めるべきでしょうか?
営業を辞めたいです。ストレスがひどくて、もう耐えられません・・・
サラリーマンですが、営業を辞めたいです・・・
営業を辞めたいですが、次が見つからないです・・・
女性ですが、営業を辞めたいです。転職を考えています・・・
営業ですが、悩みを抱えていて毎日が辛いです・・・
営業を売れてるけど辞めたいです・・・
人間関係が原因で、営業の仕事を辞めたいです・・・
飛び込み営業が辛いので辞めたいです・・・
会社を辞めたいです。現在、営業をしています・・・
営業で、ノルマがきついので辞めたいです・・・
女性で、飛び込み営業を辞めたいです・・・
クレームがひどくて、営業を辞めたいです・・・
販促営業が辛いので辞めたいです・・・
ホテル営業が辛いので辞めたいです・・・
営業成績が上がらず悩んでいます・・・
家電量販店の販売営業職の仕事を辞めたいです・・・
上司のパワハラがひどくて営業職の仕事を辞めたいです・・・
営業職をしていますが、仕事内容で悩んでいます・・・
新規営業の仕事が辛いので辞めたいです・・・
お客に不利益な商品の営業を会社に強要され辞めたいです
外見にコンプレックスがあり営業成績が低下し辞めたいです

トップページ お問い合わせ