空調メーカーの営業を辞めたいです・・・

空調メーカーの営業を辞めたいです・・・

 

空調メーカーの営業を辞めたい・・・。

 

 

このように悩むときってありますよね

 

 

では、あなた同じように、空調メーカーの営業を辞めたい・・・と悩んでいた方は、
どのようにその悩みを解決したのでしょうか?

 

 

ご参考にしてください

 

 

ポロンさん、男性、30歳、空調メーカー営業の体験談

 

 

【営業のどういう部分で悩んでいたか?】

 

 

家族が増えたことにより帰宅、突然の事情による帰宅などいろいろな条件が重なったことで会社にいられなくなりました。

 

 

空調メーカーということで取引業者に機器を販売するのが営業の役目なのですが、顧客に直接売るのではない分どのような働きができているのかが良くわからず働いていました。

 

 

家族のことや就業のことを同僚や上司に相談すると「加速を取るか、会社を取るか」という話に最後はなりました。

 

 

自分は会社と家庭を天秤にかけるつもりはなかったので、相談すること自体やめてしまいました。

 

 

無理して会社に残ると家庭が崩れ、両方に我慢してもらっていると何のための仕事かわからなくなると思ったからです。

 

 

残業も業務も多く、担当区域も広くて出るとまるまる一日掛かるうえに、帰社後に業務報告をこなすだけで毎日20時ごろの帰宅となっていました。

 

 

病弱で心の病も併発していた妻には、家庭をうまく回すことはどうしてもできませんでした。

 

 

【悩みをどうやって解決したのか?】

 

 

リクルートエージェントに相談に行き事情を説明すると、自分だけかと思ったのは結構事例があると聞いて安心しました。

 

 

私自身、諸事情に押しつぶされそうになっている心理状況を踏まえたうえで、今自宅近くの工場で働いています。

 

 

工場は人数もそれなりにいるし、同世代や独り者の社員がいることでシフト変更の対応が前の会社よりもスムーズになりました。

 

 

社長も家庭もち社員を抱えている責任をうけとめていて独り者社員への意識改革を常々しています。

 

 

またその社員が家庭を持ったときは、先輩社員が家族ぐるみの付き合いをすることで、外での飲み会もある程度理解してくれるようにうながすなど相乗効果が見えていることが、毎日を充実したものにしてくれています。

 

 

【アドバイス・メッセージ】

 

 

人間は生きているだけでいろいろな人に迷惑をかけて生きています。

 

 

自分だけとは思わず、転職エージェントに相談することで解消するかもしれません。

 

 

思い悩んで押しつぶされる前に、一言相談することから始めてください。

 

 

最後に転職しなくてもいいのだからとすこし大きな気持ちで帰れると思いますよ。

 

 

 

ポロンさんは、エージェントに相談することで悩みを解決できたみたいですね

 

 

是非、ご参考にしてください

 


トップページ お問い合わせ