保険営業をしていますが、辞めようか悩んでいます・・・

保険営業をしていますが、辞めようか悩んでいます・・・

 

保険営業を辞めようか悩んでいる・・・

 

 

このようなときってありますよね

 

 

では、あなたと同じように保険営業を辞めたい・・・と悩んでいた方は、
どのようにその悩みを解決したのでしょうか?

 

 

ご参考にしてください

 

 

ゆうぽんさん、30歳、入社3年目、男性の体験談

 

 

【営業のどういう部分で悩んでいたか?】

 

 

私は保険会社に営業職で転職しました。

 

 

仕事は顧客の保険や年金保険のセールス、入院手続きなどのアフターフォローが主な業務内容です。

 

 

営業職なので当然ながらノルマがあります。

 

 

月に獲得する保険件数をクリア出来なければ指導の名目で反省文を書かされたり、職員の前で翌月の目標クリアのための誓いを宣言し、目標達成のための方策なども言わなければなりません。

 

 

私は営業実績も悪く、常にこの指導を受けるハメになりました。

 

 

【悩みをどうやって解決したのか?】

 

 

ともかく営業の成績を上げなければと、顧客獲得のため飛び込みなど必死でやっていたものの、成績は振るわずやがて精神的に病んでしまいました。

 

 

もはや自分には営業職は合わないと思うようになり、退職を考えるようになりました。

 

 

しかし、せっかく転職出来たのに再び転職しなければならないとなると、転職で世話してくれた親や知人に迷惑をかけてしまいます。

 

 

そんな時に、内勤の事務職が空いていたこともあり、営業を諦め思い切って職場の配置転換を上司に申し出ました。

 

 

事務職は、以前の職場で経験しており、営業のノルマから解放されるのであれば藁をも掴む思いだったのです。

 

 

上司は私の要望を受け入れ、転属するための試験を受けさせて貰い、見事事務職への転属となったのです。

 

 

事務職に転属してからは、忙しくて息つく暇がない程でしたが、ノルマから解放されたことで精神的な病みは解消されていきました。

 

 

【アドバイス・メッセージ】

 

 

仕事を一生懸命頑張るのは大事な事ですが、やがて誰しも壁にぶち当たります。

 

 

この時点で自分がやっている仕事が、果たして適正があるのかを振り返ってみるべきだと思います。

 

 

転職せずとも違う部署に転属されることで悩みを解決出来た私の例があるように、辞めないで解決する方法を冷静に探っていくべきだと考えます。

 

 

 

ゆうぽんさんは、異動することで悩みを解決させたみたいですね

 

 

今のあなたには、参考になる部分があるのではないでしょうか?

 

 

 

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

 

 

もし、営業の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

 

 

(以下のように診断結果が出ます)

保険営業をしていますが、辞めようか悩んでいます・・・

 

 

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

 

 

また、診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、営業職の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

 

 

(※新卒入社の年齢でも条件指定できます)

保険営業をしていますが、辞めようか悩んでいます・・・

 

 

とりあえず、MIIDASで市場価値を診断してみる

(診断時間は約5分です)

 


トップページ お問い合わせ