不動産の飛び込み営業の仕事を辞めたいです・・・

不動産の飛び込み営業の仕事を辞めたいです・・・

 

不動産の飛び込み営業の仕事を辞めたい・・・。

 

 

このように悩むときってありますよね

 

 

では、あなた同じように、
不動産の飛び込み営業の仕事を辞めたい・・・と悩んでいた方は、
どのようにその悩みを解決したのでしょうか?

 

 

ご参考にしてください

 

 

ザックさん、男性、新卒入社6ヶ月、不動産飛込み営業の体験談

 

 

【営業のどういう部分で悩んでいたか?】

 

 

不動産活用を提案するために所有者に対して飛込み営業を行っていました。

 

 

毎日30件ほど訪問してもまったく相手にしてもらえず、それどころか嫌われる始末でした。

 

 

大学を卒業して大手建設会社に入社出来たのに、汗水たらしてなかなか成果の上がらない飛込み営業を連日やらされ、「大学を出てまでやる仕事なのか」「こんな嫌われるような仕事をこの先何十年も続けていくのか」と考え、辞めようかと悩みました。

 

 

【悩みをどうやって解決したのか?】

 

 

上司に相談した時にその上司のお客様に所に連れていってもらい、お客様の側から見た営業の役割などを聴かせてもらいました。

 

 

その時に「この人が営業に来てくれなかったらその後大変なことになっていた。

 

 

自分の気付かないことを教えてもらって本当に感謝している」と言われ、実際そのお客様と上司がとてもいい付き合いをしているのを見て、自分の仕事は確実に人の役に立つ仕事なのだと理解出来て、少し吹っ切れたように思います。

 

 

それから迷わずに訪問活動を行うことでほどなく成果が出るようになりました。

 

 

【アドバイス・メッセージ】

 

 

同じモノを売る仕事でも、相手が来てくれる販売職と違い営業職はこちらからお客を作らないといけないので、本当に大変です。

 

 

でも自分で作り上げたお客様は一生の付き合いになることが出来ます。

 

 

これが他の仕事には無い醍醐味だと思うので、そういった人の出会えることを信じて続けてもらいたいと思います。

 

 

 

ザックさんは、上司に相談することで悩みを解決できたみたいですね

 

 

是非、ご参考にしてお役立てください

 

 

 

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

 

 

もし、営業の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

 

 

(以下のように診断結果が出ます)

不動産の飛び込み営業の仕事を辞めたいです・・・

 

 

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

 

 

また、診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、営業職の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

 

 

(※新卒入社の年齢でも条件指定できます)

不動産の飛び込み営業の仕事を辞めたいです・・・

 

 

とりあえず、MIIDASで市場価値を診断してみる

(診断時間は約5分です)

 


トップページ お問い合わせ