住宅営業が辛いので辞めたいです・・・

住宅営業が辛いので辞めたいです・・・

 

住宅営業が辛いのでめたい・・・。

 

 

このように悩むときってありますよね

 

 

では、あなた同じように住宅営業が辛いので辞めたい・・・と悩んでいた方は、
どのようにその悩みを解決したのでしょうか?

 

 

ご参考にしてください

 

 

ザックさん、男性、住宅営業の体験談

 

 

【住宅営業のどういう部分で悩んでいたか?】

 

 

もう今から30年近く前の話になりますが、大学を卒業して入社した会社で営業職に配属となりました。

 

 

本当は経理や総務の事務職を希望していたのですが、大手企業でかつバブル期で新入社員も大勢いたため、個人の希望なんて通りません。

 

 

結果的に最もやりたくなかった営業に配属され、もう初日から嫌で嫌で仕方ありませんでした。

 

 

しかも新入社員は飛込み営業しかさせてもらえない。

 

 

もともと初対面の人と話すのが苦手というか苦痛すら感じていたので、1日30件以上の飛込み営業はこれ以上無いというくらいの不向きな仕事に感じていました。

 

 

そのため毎日「今日こそ辞めるぞ」と考えていたものです。

 

 

【悩みをどうやって解決したのか?】

 

 

そんな私が前を向けるようになったのは、休日に楽しそうに遊んでいた先輩達がいたからです。

 

 

休日毎にアウトドアスポーツや呑み会に誘われるうちに、「営業で成果を上げれば手当が多く稼げてこんなに豪快に遊ぶことが出来るのか」と憧れるようになり、会社のためとかノルマのためといった考え方から、休日に楽しく遊ぶためと割り切って訪問活動をするようになりました。

 

 

嫌々やっていた仕事に目的が出来たことでイキイキと取り組めるようになり、それにより成果も着いて来るようになりました。

 

 

【アドバイス・メッセージ】

 

 

いま仕事を辞めたいと思っている人も、多少不真面目でもいいのでちょっと視点を変えて仕事に取り組んでみれば気分も新たに取り組めるようになるかもしれません。

 

 

 

ザックさんは、視点を変えることで悩みを解決させたみたいですね

 

 

仕事で悩んでいる方は、
視点を変えることで悩みを解決されている方が多いです

 

 

あなたも辛い時は、ザックさんのように、
一度、視点を変えてみるのもいいかもしれないですね

 


トップページ お問い合わせ