教育業界の営業が辛いので辞めたいです・・・

教育業界の営業が辛いので辞めたいです・・・

 

教育業界の営業が辛いので辞めたい・・・。

 

 

このように悩むときってありますよね

 

 

では、あなた同じように、
教育業界の営業の仕事が辛いので辞めたい・・・と悩んでいた方は、
どのようにその悩みを解決したのでしょうか?

 

 

ご参考にしてください

 

 

Anthonyさん、31歳、男性、教育出版(営業)の体験談

 

 

【営業のどういう部分で悩んでいたか?】

 

 

私が正社員で教育出版の会社で勤務していたときのことです。

 

 

当時37歳の私は教育出版の会社でマーケティング営業をしておりました。教育と申しましても社会人が対象で主に中小企業や零細企業の経営者セミナーが中心です。

 

 

経営者の人はとてもいい人でアットホームな職場でした。

 

 

しかし,ある日新しくAという男が入ってきましたその男は仕事はできるが酒癖が悪くて前の職場も酒癖が原因で解雇されたとのことです。

 

 

私が仕事を辞めたくなったのは,毎年恒例の社員旅行の時にAが周りの人達にからみ始めたときのことです。

 

 

止めに入った大阪営業所の所長に因縁をつけてきましたの、で私は同僚とすぐに廊下に出て「職場の和を乱すような奴とは一緒に仕事をしたくない」と話し合い会社を辞めようかと思いました。

 

 

【悩みをどうやって解決したのか?】

 

 

私は同僚と会社を辞めるかという話をしましたが,私も同僚もともに家族がいました。そして今,会社を辞めたら自分が負け犬になると思い思いとどまりました。

 

 

冷静に考えてみると私にはなんの落ち度もないし,それどころか自分は仕事だって一生懸命やっているし上司からの受けもいいではないかと思ったのです。

 

 

それに,年はAの方が上でも私のほうが先輩ではないかと同僚と確認しました。

 

 

そして,私は今まで以上に仕事に没頭しました。仕事に打ち込めば嫌なことも忘れられるからです。

 

 

そんななかで,Aはちょくちょく会社を休むようになりました。

 

 

そして,しばらくすると経営者の方が「Aには辞めてもらった」と言いました。

 

 

つまり,懲戒解雇とのことでした。原因はAは仕事が終わると夜の街に出かけて行った店の人に対して「ツケにしてくれ」といっては問題を起こしていたとのことです。

 

 

ちなみにAは経営者が以前勤務していた職場の部下で仕事がないので泣きついてきたとのことです。

 

 

Aが解雇されてからはまたもとのアットホームの職場になりました。

 

 

【アドバイス・メッセージ】

 

 

今は正規雇用が少ないので多少辛いことがあっても再度冷静になって考えてください。

 

 

特に家族のいる方はなおさらです。私も本当に辞めようと思いましたが,家族のことを考えると「頑張らなければ」という気持ちになりました。

 

 

中でもオフィスワークの仕事についている人は、「自分の貯金が1000万円になるまで会社は辞めないぞ」というようなことを自分に言い聞かせて頑張れば、給料日が待ち遠しくなり会社を辞めたいなどという考えは吹っ飛んでしまいます。

 

 

仕事は辛いものです。しかし,辛い後には楽しみもあることを忘れないでください。

 

 

 

Anthonyさんは、辞めずに踏みとどまったようですね

 

 

仕事は辛いものですが、
辛いと割りきって続けるか、理想を追い求めるか

 

 

これは難しい問題です

 

 

最後に、決断するのはあなたです

 

 

後悔のないように、最良の決断をするようにしてください

 


トップページ お問い合わせ